古美術品・骨董品 買取時の注意事項

スポンサーリンク

古美術品・骨董品を売る場合は、少しでも高く買取ってくれるお店を選びたいと思うのではないでしょうか?

古美術品・骨董品の買取価格は、同じ品物であってもお店によって大きな差がつきます。2倍や3倍の差があることも結構多いですし、10倍以上の差がつくこともあります。

差がつく理由は様々ですが、その理由を解説しながら、高く買い取ってくれるお店の見分け方を解説します。

古美術品・骨董品買取り時の注意

理由1 買取店の種類

古美術品・骨董品を買取るお店は大きく分けて2種類あります。
1つは買取り専門店、もう1つは買取と販売の両方を行っているお店です。

理由2 鑑定力

古美術品・骨董品の買取を行っているお店であっても、必ずしも目利き力・鑑定力が十分でない場合があるのが現実です。

理由3 資金力

査定額が数万円くらいの品物であれば資金力が問題になることはないと思いますが、数百万円を超えるような品物になってくると問題になることがあります。

古美術品・骨董品の買取は現金での即払いが基本ですので、数百万円を超えるような品物を適正な価格で買い取る場合はそれなりの資金力が必要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする