秋田県雄勝郡羽後町で骨董品はどこで売ればよいのか?おすすめの買取サービスと売却上の注意

骨董品買取103秋田県

自宅にひょっとして骨董品かも?と思うものはありませんか?古い陶器、掛け軸、絵画や書物など価値があるものなのか気になりますよね。

テレビでも、骨董品を鑑定するコーナーは大人気です。あなたの家にある「こんなの価値はない」と思っているものでも、もしかしたら値段が付く、しかも高額かもしれません。

とはいえ、家の中の古いものを買い取ってもらいたい場合、リサイクルショップに持ち込むのはお勧めできません。

「全国チェーンの古本屋で価値がある本が安い値段で売られていた」なんて話があるように、モノの本当の価値を見てもらうには専門家に依頼することは必須です。

まして、骨董品の売買は、万単位のお金がやり取りされることも珍しくありません。素人にはガラクタに見えても、専門家が査定すれば数十万から数百万円というのが骨董品の世界です。

2018年に美術品・美術関連品は2460億円が売買されています。そのうち、骨董品・古美術品がどのくらい含まれているかは定かではありませんが、相当な市場ですよね。

これら中で、ネットで売買された骨董品・古美術品はなんと180億円!ピンとこないかもしれませんが、これほど売買させているということは絶対に売った方が良いに違いありません。

いずれも日本のアート産業に関する市場レポート2018より

でも、よし!売ろうと思っても、素人には査定できませんし、骨董品店に持ち込もうと数百万円の価値があるかもしれない骨董品を持ち歩いて、傷でもつけたら大変。まして、苦労して持ち込んで二束三文の査定では報われません。

そんな苦労が不要なのがネット買取です。いまではネットで申し込むと専門家が自宅まで査定に来てくれて、その場で買取ってくれ、現金で支払ってくれます。

しかも即日というのも珍しくありません。もちろん査定額が不満なら断れますし、他の業者との比較もできるので安心です。

ちょっと考えてみてください。。。面倒だからといってリサイクルショップに持ち込んで1万円という査定が専門家に自宅に来てもらったら100万円の査定、こんなこともあるんですよ。迷うことなくネット買取を選びますよね。

とにかく骨董品を買い取ってもらいたいときには、「正しく査定」してもらうことが一番大切です。安易にリサイクルショップに持ち込んだりすると絶対に損しますよ!

「骨董品をできるだけ高く買い取ってもらいたい!」、絶対に損したくないという方は、積極的にネット買取専門店を活用してくださいね。
ネット買取がおススメな理由

 

  1. 骨董品専門の買取業者に買取ってもらうのが一番
  2. 骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その1:骨董品は専門家の査定で買取額UP
  3. 骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その2:ネットなら買取相場が比較できる
  4. 骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その3:店舗中心でなく人件費も少ないので高価買取が可能
  5. 骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その4:自宅で楽ちんネット買取
  6. 骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その5:ネット買取は費用ゼロが基本
  7. 骨董品を売りたいときはどうすればいい?
    1. 骨董品店頭買取のデメリット
    2. 骨董品出張買取のデメリット
    3. 骨董品宅配買取のデメリット
    4. 骨董品オークションのデメリット
    5. 骨董品フリマアプリのデメリット
  8. 骨董品買取業者にも種類がある
    1. 大型店舗型(チェーン店・大手企業等)
    2. 小型店舗型(個人経営等)
    3. 出張・訪問買取専門型
    4. 宅配買取専門型
  9. 骨董品出張買取業者を選ぶときのポイント
    1. ランキングサイト・比較サイトは広告かも?
    2. 遠くのお店はNG
    3. 買取実績と販売実績を調べる
    4. 売りたいものを決めてから業者を決める
    5. 即日支払い業者を選ぶ
  10. 特におすすめはバイセル
    1. 骨董品買取りバイセル お客様の声
  11. 高価買取を目指すなら!
    1. 人気がある時期に売る
    2. 取引相場をチェック
    3. 付属品・鑑定書を用意する
    4. 保存状態を良好に保つ
  12. 高価買取の骨董品
    1. 有田焼:酒井田柿右衛門
    2. 日本画:山下 清
    3. 掛軸:円山応挙
    4. 鉄瓶:龍文堂
  13. 骨董品買取り際の必要書類
  14. 買取ってもらえない物もある
  15. 骨董品買取りのまとめ
  16. 雄勝郡羽後町の骨董品買取対象地域

骨董品専門の買取業者に買取ってもらうのが一番

いろんな事情で家に眠ってる骨董品。質屋に持って行っても価値はわからないだろうし、そもそも持って行くのが面倒だしとそのまま放置してませんか。

押入れの場所もとるし、手放したいけど価値も相場も売り方もわからないという方は、是非、ネット買取業者を利用してください。本当に簡単で便利です。

ネットやスマホの普及でネット買取業者はどんどん増えてます。
代表的な業者としては、

バイセル 福ちゃん 日晃堂 本郷美術 おたからや

買取プレミアム アート買取協会

が有名です。

これまでは、売りたいものを店舗に持ち込んで、その場で査定してもらって、待つことしばし、満足いく買取価格ではないけど、持ち帰るのも面倒なので、売っちゃった…というパターンが多いようですね。

でも、ネットを使って正しい査定ができるかという不安を持っている人も多いと思います。心配はいりません!骨董品に限っては、品物の性質上、ネット買取の主流は出張査定なので、対面しながら丁寧に査定してもらえて、もちろん、「満足いかない場合は売らない」という選択もできるのでより安心です。

さらにネット買取をオススメする理由は他にもたくさんあります!

骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その1:骨董品は専門家の査定で買取額UP

骨董品買取り パソコン

不用品買取業は色々なものを取り扱っていますが、骨董品はその中でも、最も難しいジャンルとされています。

難しい理由は色々ありますが、大きなものとして「流行」があります。骨董品にも「人気」の時期と「不人気」の時期があるんです。

つまり、査定するときには「時価」を出さなければなりません。骨董品の制作者、歴史的価値、希少性、保存状態、材質、市場人気など、本質的価値に加えて、トレンドを把握しておく必要があります。

つまり、鑑定士には知識と経験、審美眼が必要とされます。テレビの鑑定コーナーでも、陶器、絵画、書、刀剣など、ジャンルごとに色んな鑑定士さんがいらっしゃいますよね。

知らずにアマチュアの鑑定士に依頼してしまうと、『本人に悪気や騙す気が無くても』正しく査定してもらえないことがよくあります。そうなると、価値ある骨董品や美術品がタダ同然の値段で買い取りされてしまうことになります。

後から「高い価値があった」とわかっても、売ってしまった後では意味がありません。「骨董品を高価買取してもらいたい!」 そんなときは、経験豊富なプロの鑑定士に依頼するのが最初の一歩です。

中には、高価な骨董品を査定しながら「これはあまり価値はないですよ」と言って買い叩く鑑定士がいるのも事実です。

売る方は素人ですから「そんなものか」「思ったより高かった」という風に普通に売ってしまうのでしょう。とても残念なことです。

ここまでのところで、骨董品の査定が難しいことがおわかりいただけたと思います。骨董品を高く売るには、目利きの鑑定士に頼むだけではなく、誠実に買取してくれる業者を探す必要があるんです。

骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その2:ネットなら買取相場が比較できる

「よし!この骨董品をネットで売ろう」とネット買取業者から見積が来たとします。骨董品の知識がなく、相場もわからない場合、そのネット買取業者からの買取価格でいいのか迷いませんか?

もし、見積通りに売ってしまって、ちょっと骨董品に詳しい友人から「バカだなぁ~それって○○○万円にはなる」なんて言われたら、悔しくて悔しくて…

確かに相場ですので、正解というのは難しいですが、せめて「○○○万円くらいで売れないかなぁ」という願望はできるだけ叶えたいものです。

そこで大事なのは「見積比較」です。ネット買取なら簡単にできます。もし、実際にお宝を持って店舗を数軒回るとしたら、既に売ることをあきらめるくらい大変です。

店舗型買取では、相場比較が難しいですが、ネット買取の場合は、問合せ後に即日対応というサービスも充実してます。ネット買取の方がより納得のいく価格で買取ってもらえることは間違いないですね!

骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その3:店舗中心でなく人件費も少ないので高価買取が可能

もし、あなたが骨董品屋を始めるとしたら、何が必要でしょう?まずは「店舗」、次に「スタッフ」、そして「仕入」すべて資金が必要です。

一般的に「固定費」とよばれるコスト。売れても売れなくても必要なコストです。利益を上げるためには、この固定費を勘案して「売価」を決めなければ赤字です。

ということは、「店舗がなく」「最小限のスタッフ」で運営できる方がいいに決まってます。この最低限のコストすら不要なのがネット買取の世界です。

例えば店舗型とネット型の買取サービスを比べてみます。同じ骨董品を比較するのが難しいので、今回は「お酒」で比べてみます。

お酒買取専門店ファイブニーズは、東京・大阪の2拠点を中心に全国の繁華街に展開中の買取実績とネット買取専門のJOYLAB(ジョイラボ)の買取実績を比較してみました。

事例1:ザ・マッカラン 18年→1.25倍

事例2:森伊蔵 極上の一滴→2.17倍

事例3:響き 30年→1.14倍

このように全く同じ商品なのに、こんなに差が出るんです。ネット買取ならではのこの差、知らないと損ですね。

骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その4:自宅で楽ちんネット買取

買取方法には、「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」の3種類があります。これまでは重たい骨董品を店舗に持ち込む店頭買取ですが、いまや主流となったネット買取の最大のメリットは、自宅にいながら楽して買取が成立するところですね。

●店頭買取
店舗まで売りたい骨董品を持参して、その場で査定・買取してくれます。

●出張買取
専門の査定スタッフが直接自宅(あるいは指定した場所)に訪問して、その場で査定・買取してくれます。特に売りたい骨董品の本数が多い場合には、メリットがあります。

●宅配買取
自分で梱包・配送しても良いですが、最近は便利な専用の宅配キットもあるので手間が省けます。

ネット買取業者は、店舗を持たないところがほとんどですので、出張買取と宅配買取が主流です。出張買取も宅配買取も自宅にいながら買取してもらえるので、とっても楽ですが、自宅に来てほしくない場合は、別の場所の指定することもできます。

しかも、店頭買取と出張買取なら、買取成立で即現金を支払いしてもらえるというメリットがあります。

骨董品専門のネット買取がオススメの理由 その5:ネット買取は費用ゼロが基本

ネット買取を利用をして発生する可能性のある費用は以下のとおりです。

・送料
・出張料
・査定料
・振込手数料
・買取成立手数料

なかでも送料や出張料などは、ネット買取業者特有の費用ですが、業者の中には、これらの費用を負担してくれるところもあります。

例えば、バイセルは、査定から買取までのすべて費用が無料。売却までにかかる費用は一切ありません。

仮に査定金額に満足できなかった場合でも、自由にキャンセルできますし、キャンセルに伴う費用も一切発生しません。

骨董品を売りたいときはどうすればいい?

骨董品買取り ヤフオク

骨董品をただ売るだけなら、手順は簡単ですし、色々なやり方が選べます。

①骨董品買取店に持っていく
②出張買取を申し込む
③宅配買取を申し込む
④オークションで自分で売る
⑤フリマアプリで自分で売る

①~③は、おおよその流れが同じです。骨董品鑑定業者に査定してもらって、業者の査定した価格で売る。もし納得できない値段なら、別の業者に査定を依頼する。これだけですね。

④のオークションや⑤のフリマアプリで売る方法は、忙しくて時間がない人や梱包が面倒な人には向いていません。③の宅配買取は手間が掛かるし、②の出張買取は家まで来てもらうのが気が引ける、という人が多いようです。

骨董品を査定してもらいたい場合、よほど大きなものではない限り、①の店頭持ち込みを利用する人が多いと思われます。

こんな風に売るだけなら色々な方法がありますが、どこに頼んでもいいわけではありません。まずは、それぞれの売り方のデメリットについて考えてみましょう。

骨董品店頭買取のデメリット

持って行ける量が限られる
これは大きなデメリットです。車で運ぶにしても、大きすぎるものは持ち込めません。そのため、売りたいものの数を絞ることになります。「全部は持ち込めない」というのは残念ですよね。

・何を持ち込むか、決めなければならない
「これは売れるだろう!」と思ったものが、買取拒否されてしまった。こういうケースはよくあります。折角プロに鑑定してもらうのに、その前に自宅で価値がありそうなものを自分で判断しなければならないのは、損ですよね。

・査定額がマイナスだった
折角持ち込んでも、0円という査定だった場合、無駄な時間になってしまいます。

これら店頭買取のデメリットは、出張買取を選べば解消できます。次に、出張買取のデメリットを見てみましょう。

骨董品出張買取のデメリット

・自宅に来てもらう必要がある
「自宅を見せたくない」という人には、出張買取の依頼はためらわれるかもしれません。
ただ、出張買取はメリットも大きいです。
「ゴミとして分類していたものが骨董品だった!」という話もよくあるんですね。価値のある物を捨ててしまうのが恐い人は、出張買取を検討してみましょう。

・わざわざ来てもらって、価値がなかったらと思うと不安
「価値があるのかどうかわからない」「値段が付かないと思う」「一つしかないのに来てもらうのは悪いから」「状態が悪いものを見てもらうのは申し訳ない」という風に、気後れする理由は色々あるようです。
でも、出張買取業者は「気にせず申し込んでください!」と言ってくれるはずですよ。
それでも不安な場合、写真で簡単に鑑定できる『写真鑑定』や、『LINEで無料査定』をしている業者も多いので、出張買取を申し込む前に、価値がありそうかどうか聞いてみることもできます。

骨董品宅配買取のデメリット

・宅配便で発送すると壊れるかもしれない
骨董品はワレモノが多いですよね。割れないものでも、とても繊細なので、丁寧に扱わなければなりません。
古いものは劣化しているので、少しの衝撃で傷ついたり破れたりします。自分で厳重に梱包するのはとても大変なんですね。

・査定額がマイナスだった
頑張って梱包して送ったのに、0円という査定だった場合、無駄な時間になってしまいます。このデメリットを解消するには、出張買取がお勧めです。

骨董品オークションのデメリット

「ヤフオクで骨董品を買った」なんて話、時々聞きますよね。他にも、メルカリ、ラクマなどフリマアプリでも、骨董品は売られています。

ヤフオクで「掛け軸・やや汚れや傷あり」で検索してみると「20,147件」でした。多いです。

※上記の画像をクリックすると該当ページにリンクしていますので、ご覧ください。

偽物も多い場所ですが、売る側としてはどうでしょうか?業者に依頼した分の手数料が必要ないため、その分得をするかもしれません。

と言っても、正確な査定額が出せればの話です。本来なら100万円のものが2000円で出品されていた、なんて話もあるんです。買う人にとっては嬉しいでしょうが、出品者にとっては大損ですよね。

他にも、骨董品には贋作というものがあります。知らずに偽物を本物として売ってしまった場合、サイト側などからなんらかの処分を受ける可能性がありますので、要注意です。

ヤフオクでは骨董品の売買に関するガイドラインがあるので、下記で確認しておいてくださいね。

ヤフオク!ガイドライン細則

骨董品フリマアプリのデメリット

オークション同様にフリマアプリは多くの人に見てもらえますので、意外な物が売れるかもしれませんが、落札価格が適正かどうかは不安です。やはり、プロの鑑定士に見てもらった方が納得のいく売り方ができるでしょう。

また、うっかり禁止事項に触れちゃうかもしれませんので、要注意です。

ラクマの禁止事項

当然ですが、本物か贋作かを見分けないといけないので、査定前に何となく出品するのは少々危険ですね。

骨董品買取 ラクマ

引用元:ラクマ公式ホームページ

メルカリの禁止事項

メルカリも同様ですが、正規品かどうかは厳しくチェックされますね。

骨董品買取 メルカリ

引用元:メルカリ公式ホームページ

ここまで4つの買取方法をご案内しました。そして、ただ売るだけではなく「リスクを避けて」「なるべく高く売りたい」なら、ずばりお勧めは「出張買取」です!

・骨董品の「正しい価値」を知る
・手元にあるものを全て見てもらう
・壊れないように丁寧に取り扱う

この3つのポイントを重視するなら、骨董品買取専門店で出張買取してもらうのが一番楽なはず。出張料・鑑定料無料のお店も多いので、一度申し込んでみるといいでしょう。

骨董品買取業者にも種類がある

骨董品を売りたい場合、なんといっても骨董品専門の出張買取がお勧め!

では次に、「どのお店に鑑定を頼むか」を決めるために、骨董品買取業者について詳しくお伝えしていきます。

骨董品買取業には、下のリストのように色々な営業形態があります。

①大型店舗型(チェーン店・大手企業等)
②小型店舗型(個人経営等)
③出張・訪問買取専門型
④宅配買取専門型

これら4種類の業者について、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

大型店舗型(チェーン店・大手企業等)

骨董品買取で有名なのは、全国展開している大手フランチャイズ店や有名リサイクルショップなどです。CMを見たことがある企業も多いでしょう。

【メリット】
・知名度が高く、トラブル予防などの安心感がある
・全国展開しているので、依頼しやすい

【デメリット】
・買取価格は、全国一律ではない
買取価格が安い
・鑑定士がプロではないかもしれない

そもそも骨董品は、希少性や状態がそれぞれですから、一律料金は難しいもの。それを差し引いても、全国展開企業は、地域、店舗、査定スタッフによって金額に差が出ます。

テレビCMなどの広告費が掛かっていますし、店舗の維持費、フランチャイズ加盟料などのコストが、買取価格を押し下げてしまいます。

また、スタッフの大半が業界未経験の素人ということがありえます。研修期間は1週間ほどとも言われています。圧倒的経験不足の鑑定士に当たってしまっては、正確な価格を出してもらえません。

骨董品を売るときに大事なのは「正しい査定」ですから、大手企業だからと言って無条件に信頼するのはお勧めできません。必ず、複数社に見積もりを取るようにしましょう。

小型店舗型(個人経営等)

複数店舗を持たない、小規模運営の骨董買取店もあります。個人が主体のため、店ごとに得意分野があることが多いでしょう。

【メリット】
・店の得意分野では正確な鑑定をしてもらえる
・経験豊富なプロの鑑定士がいることが多い
・経営コストが低いため、買取価格が高めに出る

【デメリット】
・無料出張鑑定は利用できないかもしれない
・色々な種類の骨董品がある場合、得意分野以外の鑑定に不安がある

小規模店は、絵画、刀剣、書、陶器、茶道具など、それぞれの店が得意分野を持っています。なんでも買取、というわけにはいかないかもしれませんが、得意分野では高価買取が期待できます。

ただ、対応地域に範囲があるため、骨董品の店頭への持ち込みをお願いされるかもしれません。自分で梱包、発送するのは大変ですし、破損リスクが発生します。

また、多くの種類の骨董品を鑑定してもらう場合、お店の得意分野以外の鑑定は正確に出ない可能性もありますね。

出張・訪問買取専門型

出張買取を専門に行う業者。店舗を持たず、事務所のみで運営していることもあります。

【メリット】
・無店舗型の場合、運営コストが低く高価買取を期待できる
・多くの場合、無料で自宅に来てもらえるので取引が簡単
・梱包の手間、運搬のリスクが発生しない

【デメリット】
・強引な悪徳業者も存在する

出張・訪問型の骨董品業者は、店舗を持たないことも多く、運営コストが削減されています。その分、買取価格への上乗せが期待できます。出張鑑定料が無料の業者が多いので、買取が成立しなかった場合に費用が掛からないのも嬉しいですね。

一方で、相見積もりを取らせないなど、強引に取引する業者も存在するようです。そういう意味では大手企業の方が安心なのですが、大手の場合は買取価格が安くなる傾向にありますので、難しいところです。
出張買取の詳細はこちら

宅配買取専門型

配送サービスで買取を行う専門業者。店舗を持たず、事務所のみで運営していることもある。

【メリット】
・全国どこに住んでいても、鑑定してもらえる
・店舗を持たないことが多いので、高価買取が期待できる

【デメリット】
自分で梱包しなければならない
・発送時に破損リスクがある
・買取できない場合、返送料は有料の場合が多い

大事なのは、無料査定かどうか、そして買取できない場合、返送してもらえるかどうかです。0円なら、そのまま引き取って捨ててもらいたい方もいるでしょうし、返して欲しい方もいるでしょう。

そして返送希望の場合、送料は有料になることが多いです。宅配買取を頼むときは、値段が付かなかったときにどうするのか、業者はどう対応してくれるのかを必ず事前にチェックしましょう。

このように色々な業者がありますが、貴重な骨董品を売るときには、必ず複数業者に見積もりを依頼することが大切です。

骨董品出張買取業者を選ぶときのポイント

骨董品買取り

では、「どのお店に鑑定を頼むか」、選び方のポイントをお伝えしていきます。

①ランキングサイト・比較サイトは広告かも?
②遠くのお店はNG
③買取実績と販売実績を調べる
④売りたいものを決めてから業者を決める
⑤即日支払い業者を選ぶ

ポイントはこの5つ!
それぞれ詳しく説明していきます。

ランキングサイト・比較サイトは広告かも?

「とりあえずネットで検索して、評判の良い業者を選ぶ」

この方法はお勧めできません。口コミサイト、ランキングサイトは、業者による自作自演も可能です。広告業者にお金を払ってランキング1位を確保することもできてしまいます。

口コミは信じすぎず、参考程度にしておくことが重要です。広告にお金を使っている企業は、買取価格がその分下がると思っていいでしょう。

遠くのお店はNG

「無料で出張買取に来てもらえるから、遠くの有名店に頼みたい」

こちらも、あまりお勧めはできません。出張鑑定無料と言っても、業者は交通費や人件費を掛けているのですから、遠距離から来てもらった場合、買取価格に反映されます。遠くのお店に頼めば、その分査定価格が下がると思ってください。

それに遠くから来てもらった場合ほど、値段が折り合わなかったときに断りづらくなりますね。目安として、自宅から2、3時間以内の出張買取業者を複数探して、見積もりを依頼しましょう。

買取実績と販売実績を調べる

骨董品売買の実績が多いというのは、信頼できる目安の一つです。いま始めたばかりの業者に鑑定を依頼するのは不安ですよね。鑑定士の質も、たくさんの骨董品を売買している方が保証されます。

また、買い取った骨董品をどのように販売しているかも重要です。販売する手段が多いほど、売れる可能性が上がり、買取価格アップが期待できます。出張買取を依頼する前に、業者の実績に注目してみましょう。

売りたいものを決めてから業者を決める

売りたいものが一つだけなら、専門性が高い業者に依頼できます。ところが、遺品整理などで、家の中をまるごと見てもらいたい場合は、多様な骨董品を取り扱っている業者を選ぶ必要があります。

「良い物だけ専門業者に買い取ってもらって、残りは別の業者に見てもらえばいいかな?」

これ、実はあまり良い方法ではありません。

遺品整理など家の片付けが目的なら、先に高価な良いものだけ売ってしまった場合、その後の家財道具の買取は、別業者に断られてしまうかもしれません。逆に、処分にお金が掛かると言われてしまうこともあるようです。

そのため、まずは買取ジャンルの広い業者に出張鑑定を依頼しましょう。買取ジャンルが広い場合、それぞれのジャンルの専門家を有している場合もありますので、一概に査定が甘いとは言えません。気になるなら、ホームページでどんな分野の鑑定士が在籍しているかチェックしてみましょう。

即日支払い業者を選ぶ

即日で現金買取可能かどうか。

これはとても重要です。「後日振り込みます」という約束で、連絡が取れなくなる悪徳業者も少なからず存在するんです。即日払いなら、そのようなケースは防げますね。

もう一点、即日で現金買取できるということは、その業者の資金力を保証していると言うことでもあります。

貴重な骨董品は100万円以上の値段が付くことも珍しくありません。これを即金で買えるということは、信頼できる業者である目安になります。資金力がない業者は、適正価格で買取できない可能性が高いので、ここは重要なポイントです。

特におすすめはバイセル

特におすすめの骨董品買取業者は、「バイセル」です。

ネットで完結する骨董品買取業者は他にもありますが、最近ではテレビCMも放送されていましたし、坂上忍さんがイメージキャラクターなので知っている方も多いのではないでしょうか?

バイセルの一番の特徴はやはり「スピード」「その場で現金買取!」です。
お問い合わせ、お申し込みから最短で即日の出張査定が可能です!対応エリアも日本全国なのでかなり利用しやすい買取業者だと思います。そして、その場で現金買取!思い立ったその日に売却が完了というスピードです。

実際の買取に関しては、「作者不明の陶器」「ひび割れのある茶碗」「年代のわからない掛け軸」「鑑定書のない絵画」など状態が悪いから骨董品の買取を利用しようか迷っている方でも問い合わせすれば、気軽に査定してくれます。

出張料、査定料、キャンセル料は全て無料ですので、安心して問い合わせしてみてください。

買取方法出張買取・持込買取
対応地域全国
送料・手数料出張料・査定料・キャンセル料無料!
買取の条件特になし(キズ、汚れがあってもOK)
受付時間24時間受付中、土日祝もOK
入金方法出張買取・持込買取→現金払い

バイセル公式サイトはこちら

骨董品買取りバイセル お客様の声

お客様の声を紹介します。

引用元:全てバイセル公式サイト

高価買取を目指すなら!

骨董品買取り 注意

骨董品を高価買取してもらいたいなら信頼できる業者を探すのが一番ですが、それ以外にも意識すべきポイントがあります。

①人気がある時期に売る
②取引相場をチェック
③付属品、鑑定書を用意する
④保存状態を良好に保つ

それでは、この4つのポイントを見ていきましょう。

人気がある時期に売る

意外と大事なのが、骨董品のトレンドを見極めることです。
骨董品の価格は需要と供給ですから、誰かが「欲しい」と思わなければ、価格は下がってしまいます。もしくは、長く持っているだけで値段が上がるものも存在します。人気が無い時期に売るのは諦めて、しばらく待ってみるのも良いでしょう。

売るかどうかは別として、とりあえず査定してもらうのはアリだと思います。査定してもらったら断りにくいと心配なら、モノによっては、ネットでできる写真鑑定やLINE鑑定をお願いするという方法もあります。

取引相場をチェック

本物か偽物かは別にして、相場を調べることは重要です。「本物だったらいくらになるか」は売る前に必ずチェックしましょう。

これは、素人でも調べることができます。ヤフーオークションやフリマアプリは、過去の取引履歴を検索することができるからです。

無料でもある程度は見られますし、一部有料ですが、aucfan(オークファン)というサイトでは、最大過去10年間の取引相場を調べることができます。

そして、この取引相場を元に、各業者の見積もりをチェックしてみましょう。販売の手間がありますから、大手買取店は、相場の3割程度の見積もりになっているはずです。小規模経営店では、相場の5割程度まで見込めることもあります。

その中で、取引相場の2割を下回る見積もりがあった場合は要注意です。保存状態が悪いなどの明確な理由がない場合、鑑定士の技量不足、もしくは買い叩かれる可能性があります。

だったらオークションで売れば良いのではないか、と思われるかもしれませんが、ネットの取引相場も、実は確実性はありません。

骨董品の作者、希少性、保存状態、流行などで価格が変わってきますし、偽物の場合は価格が安く出ます。本物がそれとわからず二束三文で買われることもありますし、業者が取引価格をつり上げるために囮出品していることもあります。

あくまでも目安として、買取専門業者との取引の際に「ネットで取引相場を調べてある」と伝えて交渉材料の一つにするのが良いでしょう。

付属品・鑑定書を用意する

骨董品は、付属品が揃っている方が査定額が上がります。鑑定書はもちろん、製作当時の箱なども重要な付属品です。手紙や覚え書きなどが添えられている場合、付加価値となることもあります。これらを捨てないように注意しましょう。

保存状態を良好に保つ

保存状態が良い骨董品は、査定価格が上がります。

掛け軸や、書、陶器などは湿気に弱いので、蔵や倉庫にしまったままにしておくと、劣化が進んでしまいます。温度・湿度が安定した場所で保管し、定期的に換気してください。

それから、「掃除や補修をしない」ことも大切です。掃除して壊してしまったり、自分で補修して価値を落としてしまうことは避けたいですよね。お手入れはしても、掃除はしない、そのままの状態を保ちましょう。

中には、手入れをしていても劣化が進みやすい骨董品もあります。それらは売る時期を外すと価格が下がってしまうことにも注意してください。どのタイミングで売るべきか、骨董品買取専門店では相談も受け付けてくれますよ。

このように、一手間掛けることで高価買取の可能性がアップしますから、ぜひ取り組んでみてください。

高価買取の骨董品

有田焼:酒井田柿右衛門

骨董品買取り 柿右衛門有田焼「柿右衛門(濁手)」の国指定重要無形文化財保持団体認定。十二代、十三代により復興された「濁手」を十四代柿右衛門先生が継承されました。

買取相場:10万~15万円

引用元:一番館公式サイト

日本画:山下 清

骨董品買取り 山下清

大正11年、東京都浅草に生まれる。本名 大橋清治。
『日本のゴッホ』、『放浪の天才画家』等、数多くの異名のもとその特異な画風と貼絵に見られる天才的な手法は他に類を見ない。昭和46年49歳の若さで永眠する。
山下清を代表する「花火」は評価の高いモチーフです。

買取相場:60万~100万円

引用元:昇仙峡 影絵の森美術館公式サイト

掛軸:円山応挙

骨董品買取り 円山応挙

円山応挙(まるやま おうきょ)は、江戸時代中期に活躍した絵師で、代表的な作品には国宝に指定されている「雪松図屏風」があります。
細かな描写、鮮やかな色使いの作品が多くあり、日本だけでなく海外にもファンがいます。

買取相場:30万~50万円

引用元:オークファン

鉄瓶:龍文堂

骨董品買取り 龍文堂

初代である四方龍文(しかた りゅうぶん)が蝋型による鉄瓶鋳造を創案。特に明治~大正時代には、高級鉄瓶ブランドとして確立。
夏目漱石の『吾輩は猫である』の一節に、「この様な時には龍文堂の松風の音を聞いて茶を喫するが、最高の贅沢」と登場するほど、当時を代表する鉄瓶屋となりました。

買取相場:10万~30万円

引用元:麒龍堂

骨董品買取り際の必要書類

骨董品買取り 身分証明書

骨董品を売る時に必要な書類をまとめました。基本的には「本人確認書類」と「買取同意書」が必要です。

下記が本人確認書類となります。
・運転免許証
・健康保険証(船員保険証)
・国民健康保険証
・後期高齢者医療保険証
・住民基本台帳カード(写真付)
・身体障がい者手帳
・日本国パスポート
・生活保護受給証
・外国人登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書
※いずれも現住所、生年月日が記載された有効期限内の原本に限ります。
※住民票・年金手帳・写真なしの住民基本台帳カード・住所記入のない保険証は利用できません。

買取同意書は、買取業者が用意していて、買取成立時に記入するものです。

買取ってもらえない物もある

象牙製品は基本的に買取対象外

平成4年に制定された「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」により象牙(生牙・原木・磨牙)や象牙製品で牙の形の物(全形を保持している物)には個体や器官ごとの登録が必要になりました。

種の保存法の前に手に入れられていた象牙・象牙製品で、登録が必要な象牙については、まず、「一般財団法人 自然環境研究センター」へ国際希少野生動植物種の登録申請を行い、登録票を受け取った後の売買になります。

日本刀や槍などの刀剣類・火縄銃などの古式銃砲

これらは「銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)」などにより銃砲刀剣類登録証が無い物は、所持及び所有の移転が行えません。

遺品整理等で古い家や蔵から日本刀等を発見した場合には、所定の手続きが必要ですので、まずは、所轄の警察署へ発見届を提出し、登録証発行後の売買となります。

登録済みで登録証が見つからない、又は、紛失してしまった場合には、発見時と同様に所轄の警察署へ届出をし、再発行後の売買になります。

また、下記のような品物は、宅配での買取が難しいケースがあります。
・ガラス製品類
・陶磁器類
・石膏製品、壺類
・古銭類

骨董品買取りのまとめ

骨董品を買い取ってもらうのって大変。。。そう思われたと思います。
でも、何百万円にもなるものが、個人宅から出てくる可能性があるのが骨董品の醍醐味です。
以下のポイントに気を付けて、適正価格で買い取ってもらいましょう。

・骨董品買取は業者選びが大切
・適正価格を出してくれる誠実な業者を選ぶ
・全部一度に見てもらいたいなら、出張買取がお勧め
・高価買取してもらいたいなら、一手間掛ける

骨董品は、値段が「あって」「ない」ような世界です。
つまり「時価」ということです。欲しいという人がいるから、価格が付くわけですね。
由緒ある品を手放すときには、その骨董品が大事にされてきた歴史を大切にして、本当に欲しい方にお届けできたらいいですね。

正しい価格での査定・流通は、骨董品のためでもあります。皆様が、気持ちの良い取引ができることをお祈りしております。

雄勝郡羽後町の骨董品買取対象地域

赤袴、飯沢、大久保、大沢、大戸、貝沢、柏原、上仙道、上到米、軽井沢、郡山、鹿内、嶋田新田、下仙道、新町、杉宮、高尾田、田沢、田代、足田、床舞、中仙道、西馬音内、西馬音内堀回、糠塚、野中、林崎、払体、堀内、水沢、睦合
タイトルとURLをコピーしました